スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.04.29 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブランド財布 Yves Saint Laurent(イブサンローラン) 長財布 通販

Yves Saint Laurent(イブサンローラン)
長財布 FLIRTY INTERIOR 284937 1064 NERO+INTERNO BEIGE
 

ブランド財布のお手入れの雑学
汚れがついてしまった場合のお手入れ
通常の牛革…革用クリームを、布に薄くのばし、ふき取る。
クリーナーはゴムタイプ、クリームは必ずヌメ革用の物を使って、お手入れを。
クリーナーは素材にあった物を。
オイルレザー…少し水に強い。手入れは牛革と同じ。
ヌメ革…かなり水に弱い。
起毛素材…起毛部分に汚れが貯まりやすいので、ブラシ等でお手入れ。
クリーム等を使ったお手入れの場合は、色落ち等の危険がありますので、目立たない部分で試してからの方が良いと思います。
汚れ落とし用クリーナーはチューブ入り、ビン入り、エアゾールタイプ(スプレー式)、消しゴムタイプがあります汚れを落とすために使用します。
性質は弱酸性、中性とアルカリ性があり、
ルカリ性の場合汚れを取る力が最も大きいのですが革の色落ちも大きいので、取り扱いは注意が必要です。他に、汚れ落としとともに防水、つや出し、柔軟効果、防カビ効果、保革効果をうたったものもあります。クリナーは革によって種類が分かれますので、革にあったものを選択してください。
中には、レザーソープのような石鹸タイプのものもありますが、革の種類と使い方をよく理解されてから使われることをお勧めします。
保護クリームクリームの役目は、色・つやの保持、保革、防水、汚れ・傷からの保護などです。乳化性、油性、液体、エアゾールタイプなどがあります。乳化性クリームの主成分は水、油脂、ワックスであり、色に応じて着色剤が加えてあります。ビンやチューブに入っており、色の保持、保革に効果があります。油性クリームは缶入りが多く、水が入っていないため、つや出し、防水効果が大きくなります。液体クリームは水とワックスからなり、つやを与えるものが多く、エアゾールタイプは使い勝手のよさを目的としています。この他、防カビ剤、保湿剤等が配合されているものもあります。こうったクリーム性のメンテナンス用品も用途にあったものを選択することが重要です。

■合皮の場合
水分には、天然の皮よりも強いので、中性洗剤を薄めた水をつけた布で拭き取り、洗剤を落とすために更に絞った布で拭く。
ビニール素材や、革製品と長時間重なっていると色移りや、素材がはがれてしまう事もありますので、ご留意下さい。
メンテナンス用品には下記のような様々なものがあります。
選択する際に気をつけることは、磨き仕上げ等で光沢のある革には油性のメンテナンス用品は厳禁です。
油分や蝋分の追加で光沢が失われてしまいます。光沢のある革は原則として布等で乾拭きしてください。それでも汚れた場合は、光沢のある革には爬虫類の革用の手入れ剤の中から適切なものを選んでください。爬虫類の革用の手入れ剤は革の表面の光沢を維持できるものがあります。また、目立たない部分でのテストも行ってください。
Yves Saint Laurent(イブサンローラン) 長財布 FLIRTY INTERIOR 284937 1064 NERO+INTERNO BEIGE
Yves Saint Laurent(イブサンローラン) 長財布 FLIRTY INTERIOR 284937 1064 NERO+INTERNO BEIGE
詳細を見る
ブランド財布 通販


1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

gad

おすすめサイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM