スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.04.29 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アウトドアの楽しみ方もいろいろ・・

 【アウトドアの楽しみ方もいろいろ・・】

澄みきった青空、紺碧の海、大地にゴロリと寝ころんで雲をながめたり、
さわやかな高原の風に頬をなでられるとき、子供のころに経験しか何気ない感覚を肌で感じ、何か人間らしさを思い出すものです。
自然の中でとる食事のうまさ、深呼吸して知る空気のうまさなど、自然には魅力がいっぱいです。
山が多くてまわりを海に囲まれ、
そして四季がある日本ならではのアウトドアの楽しみ方が出来るものです。

庭先の花々・四季折々訪れる野鳥などの自然観察も
家族団らんの、森の中のキャンプも
鍛錬された、ロッククライミングも
偶然の出会いの、ホエールウォッチングも
どれも同じアウトドア
キャンプに行って何をするのかではなく、できるだけ自然に近づき、どれだけ楽しめるかなのです。
つまり、自由奔放に自然と親しむこころが大切なのです。

アウトドアライフには原則とかは基本はありません。
タープの売れ筋ランキング
ましてマニュアルなど必要ないわけです。
なぜなら、野外で生活することがアウトドアライフなのですから、生活は個々人違っていて当然なのです。
なにもマニュアルにしたがって窮屈な思いをすることはなく、まずは無理のない自分のスタイルで行うことです。
そうでないと長続きはしません。
基本はできるだけ「楽で、快適に」自分流のアウトドアスタイルをつくればいいのです。
お父さん、今あなたに必要なことはそのきっかけをどうしてつくるかということなのです。

きっとアウトドアのすばらしさに気がつくでしょう。

そして、自信がついてくればしめたものです。
キャンプ場についたら、まず、管理事務所に行って受付をします。
多くの場合はテントを張る場所は指定されていますが、もし選べるとしたら、次のような点に注意して選んで下さい。
   .ャンプサイトに十分な広さがあるところ。
   △覆襪戮平坦で凹凸がなく、傾料地でないところ。
   よく乾燥していて、水はけがよく日当たりのいいところ。
テントを張る場所をチェック
   た耆竸紊確保できる炊事場やトイレなどの水場に近いところ。
   ノ售崔呂任鷲通しのよいところで、夏場なら樹木の陰で涼しい日陰が得られるところ。
など最低限のポイントをおさえて、あとは同じような家族連れのそばといった自分のアウトドアスタイルに似た人の近くが最適です。
【最高の居住空間が楽しめる!】虫嫌いの女性の方と一緒に行かれる際や夏場でも居心地の良い居住空間を実現します!

しかし、自然に親しみにきたか、人を見にきたのかわからないようなキャンプ場はいやだという
お父さんにテント設営のポイントを教えましょう。

一番大切なことはなるべく自然の多いところを選ぶことです。

ここは景色がいいからと安易な気分でテントの設営をしてはいけません。

見ためはよくても、気象条件の変化によって危険になることもあります。

設営び位置や風の向き、地面の傾斜といったことを計算のうえ、より快適にアウトドアライフが送れる場所を探しましょう。
【いま売れてます!】6人でも使えるゆったりサイズながら、コンパクトに収納できるのが人気の5点セット。

たとえば崖下や川のそば、川の中州や河岸の波打ち際は絶対に不適です。

雨が降ったらどう変化するかを考えてみて下さい。

ポイントは、条件のいい場所の確保と平坦なところです。

そして、一度すばらしいキャンプ揚が見つかったら同じキャンプ場を大切にして下さい。

同し場所だと回を重ねるごとに、いろいろなプログラを工夫して作ることができるようになります。
アウトドア&スポーツ ナチュラム

楽天から探す→アウトドア テントのショッピング
      →アウトドア テーブルのショッピング
 ネット(ナチュラム)から探す→コールマン、スノーピークなど有名ブランド勢揃い♪

アウトドアの楽しみ方もいろいろ・・

 澄みきった青空、紺碧の海、大地にゴロリと寝ころんで雲をながめたり、
さわやかな高原の風に頬をなでられるとき、子供のころに経験しか何気ない感覚を肌で感じ、何か人間らしさを思い出すものです。
自然の中でとる食事のうまさ、深呼吸して知る空気のうまさなど、自然には魅力がいっぱいです。
山が多くてまわりを海に囲まれ、
そして四季がある日本ならではのアウトドアの楽しみ方が出来るものです。

アウトドアの楽しみ方もいろいろ・・

庭先の花々・四季折々訪れる野鳥などの自然観察も
家族団らんの、森の中のキャンプも
鍛錬された、ロッククライミングも
偶然の出会いの、ホエールウォッチングも
どれも同じアウトドア。

身近な生活の中にある自然のアウトドアライフから、
積極的に自然と関わるアウトドアスポーツまで、
アウトドアのメニューはバリエションに富んで
アウトドアライフをはじめたいと思っても、そのきっかけがないという人は少なくありません。
なにをどうすればいいのか。最初の一歩が踏み出せないという人は結構多いようです。
アウトドアライフとは、何も特別のことをやるのではなく、要するに日常生活を野外でやることなのです。

野外に出かけたからといって普段に生活と変わったことをするわけでもありません。
そのまま日常生活の延長と考えればいいのです。食べて、休んで、そして寝ること。別に毎日の生活何も変わらないのです。
ただ毎日の暮らしと少々異なることは誰もそれを代行してくれないことです。
つまり、自分の手で自分の生活のすべてをまかなわなければならないのがアウトドアでの鉄則なのです。
楽しみ方は十人十色である。

【 まずはどこへ行こうか・・・・?】

さぁ〜楽しく思い描いてみよう。
開放感たっぷりの海へ行こうかな・・・?

オゾンたっぷりの森林浴をしながら森の元気をもらおうか
それとも川や湖でフイッシングを思う存分楽しもうか。

まず一歩を踏み出そう。

自然は奥深い、身近につき合えばつき合うほど実感できます。
アウトドアはレジャーから生活の一部へとなるはずだ。

そこから長いアウトドアライフが始まる
しかし、お父さん心配はいりません。アウトドアライフは、自然を相手にした道びなのですから、本気で自然と、また本気で自然の中で遊べばいいだけなのです。
主役はあくまでお父さんです。
子供たちに男の夢を伝えるためにも、お父さんが燃えなければなりません。
やはり、お父さん自身の冒険心とか、探求心を剌激しなければ、最初の一歩はなかなか踏み出せないものです。

最初は、軽くピクニック気分で、デイ・キャンプといわれる日帰りキャンプにチャレンジしましょう。
鍋を1つさげて近くの河原で飯ごう炊さんをすることからはじめて下さい。
まずは決して無理をしないことです。
徐々に行動を広げてみましょう。

それがアウトドアを理解する最初のステップです

アウトドア・ジョギングマラソンのショッピング ネットから探す→アウトドア用品アウトドア情報館にようこそ

1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

gad

おすすめサイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM