スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.04.29 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

郵便局 ネットショップ | お酒とグルメの雑学/郵便局のネットショップ

<p align="center"><font style="font-size : 120%;" color="#990000"><b><br>
▼郵便局のネットショップ▼</font><br><br>
<p align="center"><a href="http://kowata728.daiwa-hotcom.com/wordpress/wp-content/uploads/2014/04/2014_2_20.jpg"><img src="http://kowata728.daiwa-hotcom.com/wordpress/wp-content/uploads/2014/04/2014_2_20-300x178.jpg" alt="2014_2_20" width="300" height="178" class="alignnone size-medium wp-image-203" /></a></p><br>
<font style="font-size : 120%;" color="#ff0000"><b>
郵便局のネットショップでは、皆様のニーズに合わせまして様々な商品を取り扱っております。</b></font></b><br>
<b>[お酒とグルメの雑学]</b><br>
<p>・原酒=日本酒は、アルコール度数を調整するために、醪(もろみ)を搾った後に水を加えますが、この加水を行わないお酒のことを原酒といいます。<br />
・お酒に強い人は、血中のアルコール濃度の上がり方が低く、弱い人は上がり方が高いといわれています。<br />
・伝統の製法で堡られ、飲みつがれてきたというプライドをもつ生産者たちにとって、乙類という呼び名はどうにも納得できないらしい。<br />
・エビ・ 殻ごとよく洗ってから水分をぬぐい、頭と背ワタをとります。ラップをしいたトレイの上で冷凍。凍ったらバッグに。<br />
・本格焼酎は食中酒として楽しめる酒だ。和洋中のどんな料理とも合わせやすく、食事をとりながら、おいしく飲むことができる。<br />
・いわしのソテーのコツ、フライパンをよく熱して油を多めに入れ、熱くなったら表側を下にしていわしを入れ、ときどきフライパンを揺すって、くっつかないように気をつけながら強火で焼きます。<br />
・地元では、お陽割りも水割りも、昔は焼酎六に対してお湯または水四が通例だったが、現在は五対五または焼酎同封お湯または水六で飲むことが多いようだ。<br />
・発泡清酒(はっぽうせいしゅ)=シャンパンのように立ち上る泡が楽しい冷用酒。<br />
・牛乳を原料としてつくられる焼酎のことです。<br />
・  しめサバにするサバは充分に新しくないとしめる気になりません。<br />
</p>

<p align="center"><font style="font-size : 120%;" color="#ff0000">
<b>詳細はこちらのサイトへ
      ↓  ↓  ↓</b></font>
<A href="http://hrtho.com/stic/">[お酒とグルメの雑学]</a><br>


スポンサーサイト

  • 2014.04.29 Tuesday
  • -
  • 10:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

gad

おすすめサイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM